旨いメシと雑記Log

〜グルメメインの雑記ブログ〜

【デロンギEC0310】ラテアートのためのスチームノズル改装方法

f:id:kazuki-iroiro:20200505160722j:plain



どうもかずーきです!!(@kazuuuuuuuukin)

今回はエスプレッソマシンである『デロンギECO310』のスチームノズルの改造方法を解説致します。

改造というと少し構えてしまいますが、ノコギリで切るだけなので簡単です!

『デロンギECO310』ラテアートをしたい方は避けては通ることができない工程です。

それでは早速いきましょう!



なぜノズルの改造が必要なの?

まずはスチームノズルの改造が必要な理由を解説します。

左が改造前、右が改造後です。

f:id:kazuki-iroiro:20200505160509j:plainf:id:kazuki-iroiro:20200505160722j:plain

ご覧の通りですが、改造前はノズルがとても太いです。

ノズルが太いと、スチーム時に空気を入れるのが難しくなります。

ノズルをミルクの液面にかすめるくらいで『チッチッ』と高い音が出るようにして空気を入れるとうまくいくのですが、ノズルが太いと液面での微調整が難しくなります。

ふわふわのフォームミルクはできるのでカフェラテを普通に楽しむ分には問題はないのですが、ラテアートで使うきめ細やかな、ツヤツヤのスチームミルクは作れなくなります。

そのため改造後のように細いノズルにする必要があります。

ノズルに改造に必要なもの

f:id:kazuki-iroiro:20200506110708j:plain
必要なものはノコギリです!
以下のノコギリはアクリル用ですね!

ご察しの通りノコギリでミルクフロスターを切断するのですが、予備はデロンギ公式サイトで購入することができます。

失敗はしないと思いますが・・・予備を用意してもいいかもしれませんね!

www.shop-casa-delonghi.com


ノズル改造方法・手順

f:id:kazuki-iroiro:20200505160658j:plain

上記写真の右側が元々のミルクフロスター。

左が改造、というより切断後のフロスターです。

それでは手順を解説します。

①ノズルからミルクフロスターを外す。
②ゴリゴリぶった斬る。
③マシンに付ける。

f:id:kazuki-iroiro:20200506112643j:plain
f:id:kazuki-iroiro:20200506112654j:plain
f:id:kazuki-iroiro:20200506112705j:plain

たったこれだけです!笑

切る部分は写真を参考にしてくださいね。

これで以下のような感じになります。

f:id:kazuki-iroiro:20200505160722j:plain

そもそもミルクフロスターとればいいんじゃない!?

って思う方いると思いますが、ミルクフロスターの根っこの部分がないとノズルが吹っ飛んでとんでもないことになります。笑

デロンギECO310はラテアート入門におすすめ

f:id:kazuki-iroiro:20200505155323j:plain
デロンギECO310はエスプレッソ抽出もミルクスチームも安定感があり、おいしいカフェラテはもちろんのこと練習すればラテアートもできます。

あとめっちゃおしゃれです。ラテアート解説記事も書いているので是非ご覧くださいませ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

f:id:kazuki-iroiro:20200505114328j:plain