旨い飯には福きたる   ~旨福ブログ~

『 Google MAP 』を活用したマッパーがお届けする旨飯情報

初心者におすすめ!ボンマックでのラテアート方法解説 〜道具から作り方まで〜

f:id:kazuki-iroiro:20190305165543j:plain

 

皆さん、ラテアートはご存知ですか?!

 

本日は超初心者目線でラテアートのやり方を詳しく解説していきたいと思います。

 

確実に

 

簡単に

 

安価に

 

の3つをキーワードに道具の揃え方や分量、コツなどを書きたいと思います

 

カフェラテとカフェオレの違いなんかも簡単にご説明させて頂きます。

 

カフェラテに浮かぶおしゃれなハートやリーフ。

カフェで時々見ませんか?

ちょっとテンション上がりますよね。笑

自分で作れる訳ないなんて思ってませんか。

 

実は練習すれば誰でも作れちゃいます!

(もちろん練習は必要です)

 

皆さんも是非覚えてみんなに自慢してみませんか?

 

趣味の幅も広がるので人生が豊かになったり、

自己紹介の時のネタにも..笑

 

私は非常に悪戦苦闘しながら、

 

器材を変えつつ、

 

なんとか最近コツを手にしてきたので..

(まだまだ超ビギナーの段階ですが)

 

初心者だからこそ、初心者目線で細かく解説できればと思います。

コツを掴めないまま諦めてしまう方が多いようなので。

自分がコツを掴むまでをしっかり書いていきます♩

 

これから始めようか迷っている方、是非ご覧ください。

 

私も初心者を脱却しようと絶賛修行中なので、中級者の方は数年後の記事を楽しみに暖かく見守ってください...笑

 

以下目次になりますので、気になる項目をご覧頂けますと幸いです。

 

 

ラテアートとは?

•ラテアートの種類

 

ラテアートとはスチームミルク&フォームドミルクを用いて、カフェラテ等、ドリンクの上に絵をデザインすることです。

主に2つの種類があり、種類ごとに私のビギナーラテアートをご紹介します。笑

 

①フリーポア

 

エスプレッソ抽出時に生まれるクレマ(泡)の上にスチームミルクを注ぎます。

そしてその対流を用いて白いデザインを描いていきます。

皆さんが思い浮かべるような、かっこいいやつです。

初心者は「ハート」「リーフ」から入ると良いと思います。

 

⬇︎私のビギナーのラテアートがこちら。

f:id:kazuki-iroiro:20190304225922j:image
f:id:kazuki-iroiro:20190304225927j:image

 

はい...これから頑張ります...。

人によってリアクションが異なりますが..

優しい目で見守ってください。笑

 

上達すると「ロゼッタ」「チューリップ」「スワン」と言うデザインも。

その名の通り薔薇や、なんと白鳥が書けちゃうわけです。

私はもちろんまだ書けません。笑

Youtubeで注ぎ方など観てますが、レベルが違いすぎて....練習頑張ります♩

 

②エッチング

スチームミルク&フォームドミルクを使うのはフリーポアと変わりません。異なるのはピック(爪楊枝などでok)を用いて、ミルクをインクとしてデザインを描いていく。と思って頂ければと思います。

フォームドミルクの割合を多くすることにより3Dのラテアートも出来ちゃいます。

 

⬇︎一度人気店に足を運んで、現物をみるのもおススメです。

 

『リシュー』
03-6693-2122
東京都渋谷区神宮前3-25-7 丹治ビル 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13005430/

 

⬇︎例えばビギナーであればこんな感じです..

f:id:kazuki-iroiro:20190304230926j:image

 

「ほわっと桜」

エッチングはまだほとんど練習していないので..笑

ご愛嬌です。★笑

 

そもそもカフェラテって?

 

ラテアートがどんなものかわかって頂けたかと思います。

カフェラテに描くアートだと言うことを。笑

 

しかし初心者の管理人はわからないことがありました。

 

「カフェラテっていうけど、カフェオレと何が違うんだ?」

 

ということで簡単に解説。

 

•カフェラテとカフェオレの違い

 

①カフェラテ

f:id:kazuki-iroiro:20190305164919j:plain

 

豆の挽き方 : 細挽き、超細挽き

抽出方法 : エスプレッソ抽出

ミルク: スチームミルク&フォームドミルク

ミルクとコーヒーの割合 : 5対5

 

カフェラテとカフェオレの最大の違いは、コーヒーの抽出方法の違いです。

カフェラテはエスプレッソ抽出という方法で抽出します。

カフェに行くとプシューッと大きな音を立てているマシンがありませんか?

あれがエスプレッソマシンです。

エスプレッソ抽出とはコーヒーの粉に対して高圧で、しかも短時間で一気に抽出する方法です。高圧でコーヒー粉の成分を一気に押し出すイメージですね。

プシューッと言っているのは高圧で押し出している時で、蒸気が出ているはずです。

高圧の為、非常に濃度の濃いコーヒーが抽出できます。そのためミルクを多く入れても、ミルクに負けない、しっかりしたコーヒー感があるのがカフェラテになりますね。

コーヒーは細挽の方が良いのは、高圧で一気に抽出するためです。

 

②カフェオレ

f:id:kazuki-iroiro:20190305165240j:plain

 

豆の挽き方 : 中挽き等
抽出方法 : ドリップ抽出

ミルク: そのまま(スチームなし)
ミルクとコーヒーの割合 : 5対5

 

カフェオレは皆さんイメージしやすいドリップ抽出です。一般的にはドリッパーにフィルターをセットして、コーヒーの粉を入れて、お湯を注ぎますね。

ドリッパーや粉の挽き具合、お湯の入れ方で全く味が変わってくるのがドリップ抽出の楽しさと難しさですね。

エスプレッソのように圧をかけないので、コーヒー濃度はエスプレッソよりも薄いです。ただ繊細な味や豆本来の味がより楽しめるのでブラックで飲む方はペーパードリップ抽出を好まれる方が多いですね。

わかりやすくいうと

『カフェオレ=コーヒー牛乳』

と捉えても良いかもしれません。

(コーヒー牛乳でもエスプレッソで作ってる場合もあります)

 

•語源による違い(小ネタ)

 

それぞれの文字を分解すると...

 

カフェラテ(caffè latte)

カフェ(イタリア語でコーヒー)

+

ラテ(イタリア語で牛乳)

 

カフェオレ(café au lait)

カフェ(フランス語でコーヒー)

+

オレ(フランス語で牛乳)

 

→どちらも『ミルク入コーヒー』なのです。

 

異なるのは国によってのコーヒーの抽出方法(飲み方)

 

イタリア人は小さいデミタスカップにエスプレッソを入れて、1杯を3口程で飲み干します。

 

フランス人はドリップのような抽出方法を用いて、日本人の使っているようなカップを使ってコーヒーを飲みます。

 

これは意外と知ってる人が少ないのでカフェでの小ネタにしてみては?笑

 

•ミルクの説明

 

先程から記載されている

スチームミルクとフォームドミルク。

こちらも解説しておきます。

 

基本的にエスプレッソマシンで行うことは、

 

・エスプレッソの抽出

・ミルクスチーム

→マシンのノズルから出る蒸気でミルクの温める&空気を取り込んで細かい泡を作る

 

の2点です。

 

カフェでキュルキュルキュル!っと甲高い音を聞いたことありませんか。

 

あれは蒸気によってミルクに空気を少しずつ入れている音です。

 

ミルク用語を以下でご説明致します。

 

①スチームミルク

蒸気で温めたミルクの名称です。

高温の蒸気がエスプレッソマシンのノズルから出ますので、ピッチャーに入ったミルクを温めます。

 

②フォームドミルク

空気を取り込んだキメの細かいミルクの名称です。スチームミルクを作る際に、ミルクの液面とノズルの間隔を離すことによって、空気が入っていきます。

 

工程としてはミルクを作る1つの工程にはなりますが、スチームミルクとフォームドミルクの割合と、泡の細やかさがラテアートにおいて、大切になります。

 

この工程をミルクスチームと呼びます。

 

道具編

 

「なるべく安くラテアートマンになりたい....」

 

私の道具選びのポイントは以上です。

 

まずは最低限ハートやリーフをマスターしたいですよね?!笑

 

先程紹介した程度のラテアートであれば以下の道具でできます!

 

①エスプレッソマシン

これが最も高価なので1番の悩みどころだと思います。

カフェラテに必要な、エスプレッソとスチームミルクを作るにはエスプレッソマシンが必要不可欠です。

 

『デロンギ』にするか、『ボンマック』にするか。価格もそれぞれピンキリで、上を見ると青天井です。

 

ネットの口コミには、マシンを買ったけどラテアートが出来ない..。

そんなネガティブな口コミも双方チラチラと。私の不安を煽ります。笑

 

結論から言うと私は『ボンマック』を選びました!

 

理由は基本的に直勘です!笑

あと色ですかね。

最後の決め手は価格が当時amazonで9,400円とお手頃プライスだったということ。

 

⬇︎こちらが『ボンマック』BME-100

リンク作っていて思ったのが、これは型落ちかもしれません..新型が出ているかも..。

 


ボンマック カフェ・ポット/パウダー両用 エスプレッソメーカー BME-100

 

②ミルクピッチャー

ミルクピッチャーは書道に例えると

『筆』

の役割でございます。

 

ラテアートはエスプレッソマシンのノズルを使って、ミルクピッチャーに入った牛乳をスチームします。その後カップに注ぎます。

 

そのため熱伝導性や、注ぎ口の尖り方はビギナーにとって重要です。

 

名人はどんな筆でも綺麗な字を書けますが、我々はビギナーです。笑

 

⬇︎私が使ってるのはコレ。350mlというのがポイントです。


ステンレス ミルクジャグ ミルクピッチャー 350ml

 

これで冒頭ご紹介した程度のフリーポアはできます。

黒い謎の中国製のピッチャーと2つ使っていますが、出来栄えは双方一緒です。

謎中国製黒ピッチャーはもう売ってませんでした。笑

 

③コーヒーカップ

コーヒーカップは書道に例えると

『下敷』
の役割でございます。

 

えっ?半紙じゃないの?笑

って思う方いらっしゃるかと思いますが、

半紙はエスプレッソを抽出した時にでるクレマ(泡)だと捉えております。笑

 

細長いカップよりも、底が丸く、浅く広いカップがおススメです。

 

理由はミルクの対流が作りやく、絵を書く液面が大きいからです。

こいつが意外と家にありません。

買いましょう!笑

 

⬇︎私が使ってるのはコレです。とりあえず8オンスで口が広ければok


k-ai ORIGAMI 8オンス ラテ ボウル ターコイズ 903705

 
④ダンパー

ダンパーってなんだよ..って思いますよね。

こいつは大事なんです。

エスプレッソを抽出するには細挽きの豆をマシンに入れて、ギュッと潰して圧縮します。

それを『ダンピング』と言います。

ダンピングによってエスプレッソの出来栄えが変わってきます。

半紙の役目であるクレマ(泡)がうまくできるか、できないか、それはダンピングが鍵と言っても過言ではございません。

 

実は先程オススメしたボンマックBME-100にダンパーは同梱されてます。

 

こいつがプラスチック製でめっちゃくちゃショボいのです..

ステンレスのダンパーを別途用意しましょう。笑

マシンによってサイズが違うので要注意。

 

⬇︎ボンマックBME-100のフィルターとぴったり合うのはこちら。


プレッソ タンパー コーヒー ステンレス製 (51mm-S)

 

⑤コーヒーの粉(豆)

道具があっても肝心のコーヒーが無ければ始まりません!

 

まさに

『半紙』

といえるでしょう。

かっこいい言い方するとキャンパス?笑

 

選択肢としては

 

・コーヒーショップに行き豆を買う。

→そのまま細挽きで挽いてもらう。

→家のミル(細挽き用)で自ら挽く。

 

・既に挽かれている細挽きの粉を買う。

→意外とスーパーでは置いてないのでネット通販が手っ取り早いです。

 

私のオススメは圧倒的に後者です。笑

(安いので)

 

粉は消耗品であり、ラテアートは練習量です。

こだわりの豆はうまくなってから...。

 

⬇︎私の使っているコスパ良しの粉はこちらの2種

 

私はイリーの缶を使ったり、そこにラバッツァを保管したりとこの2種を使っています。

⬇︎なぜか6個入りしかリンクできない・・・笑 

1つでも買えます。900円ちょいですね。

  
ラヴァッツァ (LAVAZZA) クオリタオロVP (バキュームパック) 250g×6個

f:id:kazuki-iroiro:20190305135019j:image

 

⬇︎illyのカフェとかありますよね。これもなぜかモカしかリンクできない。笑

ごめんなさい。笑 

私はモカではなく、ダークローストを買っています。

変わるのは味だけですが。

こちらは1,200円強ということで、同じ容量のラバッツアよりは高いです。

 


illy(イリー) エスプレッソ粉 モカ 250g

 

⑥ミルク

お待たせしました..。

最後です。

こちらはまさに

『墨汁』

もはや墨汁より大事ですが...。

あっ、ミルクに関しては1点気をつけていれば大丈夫です!

 

乳脂肪分3.5%〜4%の「成分無調整乳」

 

を使ってください。

風味などが変わるそうです。笑

最寄りのスーパーにて買いましょうね。

 

⬇︎のようにパッケージ裏面で判断しましょう♩

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305132051j:image

 

以上になります。

全てコミコミで16,000円前後という感じでしょうか。

コーヒーの粉とミルクは消耗品なので買い足しが必要です。

自分にとっては16,000円で趣味ができるなら良いかな〜と思います。

 

実を言うと紹介したアイテムに出会うまでに、色々と失敗してます..。 

 

道具を買い揃える前にこのページに出会えた方はラッキーかも..?笑

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305004055j:image

 

以上の器材と練習でこれくらいはできるようになります..。笑

 

作り方編

 

さぁ、簡単な知識も得て、道具も揃ったでしょうか。

 

ここからは、私が失敗していた些細なことから分量まで細かく解説します。

 

この工程を抜かしたらダメだったんだ..

と気づかさせることが結構多いです。

 

①事前準備

f:id:kazuki-iroiro:20190305130154j:image

 

まずは水をセットしましょう。

使い終わったあと長期間入れっぱなしにするとヌメヌメして危険なので、毎回換えましょう。笑

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305130340j:image

 

黄丸 左が抽出スイッチ 右がスチームスイッチ

青丸 電源

赤丸 スチームを出すヒネリ

→右下の銀色のノズルから蒸気が出ます。

 

 

電源オン!

⬇︎同時にスチームのスイッチも押しちゃいます。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305130636j:image

 

⬇︎少し待つとマシン左側の2つのスイッチがオレンジ色に点灯します。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305130707j:image

 

⬇︎右側のスチームスイッチをオフにします。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305130729j:image

 

続いてコーヒー粉のセットに入ります。

 

ボンマックBME-100には粉を入れるメッシュがシングルとダブルの2種類付いています。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305130836j:image

 

私は1杯でもダブルを使います。

なぜならダブルの方がなぜかクレマが出やすいからです。笑

 

初心者が困るのが粉の量ですよね。

 

「スプーン1杯と言われましても..」

 

という状態に陥ってました。

 

私はメッシュに8g分の粉を入れてます。

⬇︎(もちろんメッシュの重さは抜いてます)

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305131153j:image

 

粉を入れて軽くてトントンして平面にします。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305131535j:image

 

そして別途購入のステンレスダンパーにてダンピング!

ギュッと押して最後にクルッとしてます。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305131916j:image

 

ポイントはセットのたびにメッシュと器具を分解しておくことです。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305131905j:image

 

連続で入れるときは必ず器具からメッシュを外し、洗った後は乾拭きしてから使いましょう。

以上のポイントを守らずにやっていた時は、連続で抽出するとクレマが全く出ませんでした。

 

「連続で淹れれないのはマシンのせいだー!」

 

と思っていたのですが、メッシュを外す、乾拭きをしっかり行う、これの徹底で連投できるようになりますよ。

 

そしてミルクの用意です。

先程紹介した8ozのカップに対して、ミルクを約160ml強入れておきます。冷たいミルクで大丈夫です。

⬇︎液面はこんな感じ

f:id:kazuki-iroiro:20190305134409j:image

 

以上で下準備終了です。

②第1関門 エスプレッソ抽出

 

続いてエスプレッソの抽出に移ります。

ここは「クレマ」がポイントです。

 

左の抽出ボタン      

→オレンジ色に点灯

右のスチームボタン 

→オフ

を再度確認します。⬇︎

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305132405j:image

 

続いて大事なポイント

適当なカップに何もセットせずに抽出ボタンを押しましょう。

ポタポタお湯が落ちて3-4秒ほど出して完了です。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305132529j:image

 

終わったら本命のカップを置き、粉をセットします。

 

「抽出ボタンオン!」

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305135118j:image

 

グゥゥウンと音を立てます。

やがてポタポタとエスプレッソが落ちてくると思います。

私は落ち始めてから10秒!ここで抽出スイッチオフです。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305135136j:image

 

⬇︎そしてすぐに右側のスチームスイッチを押して置きましょう。指差してるボタン間違えてました。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305135118j:image

 

「え、これしかコーヒー落とさないの?」

 

って思いますよね。

これだけです。

エスプレッソは濃いので大丈夫。

あとはお好みに合わせて、という感じですが、ラテアートに焦点を合わせるとベストは10秒。味もそこそこいけますよ!笑

 

ここで液面に注目。

 

茶色い泡が出てますでしょうか。

 

これがクレマです。コーヒー豆の油分やタンパク質に由来する甘さの元であるとのこと。

クレマが出ているか出ていないか、これが第1関門かと思います。

 

クレマが出なかったときの対処法は番外編にて解説します。

 

⬇︎ちょっと左側が荒いですが...失敗するとまったく泡がでないなんてことも多々あります!笑

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305135212j:image

 

③第2関門 ミルクスチーム

 

②の工程の最後にスチームスイッチを押していると思います。オレンジ色に点灯したら準備完了です。⬇︎

f:id:kazuki-iroiro:20190305135334j:image

 

ここでポイント!

もう1つピッチャー(ピッチャーでなくても底が深い容器であればok)に水を少し入れ、ノズルを差し込み、スイッチぐるっと回して水抜きをします。威力を最大にして1-2秒くらいすれば止めましょう。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305135348j:image

 

一時的にスチームボタンのオレンジ点灯が消えますがスルーでok

この工程は最初の私が怠っていた部分です..笑

 

いよいよミルクスチームです。

 

ここは自分の動画をいつかUPできたらと思います。

⬇︎参考になりそうな動画(ボンマックだとスチームするのにもう少し時間がかかります笑)


ミルクスチームのコツ ~ 本格エスプレッソマシンを使って [daiichiF&L]

 

私のポイントを文字に起こすと..

・ピッチャーを斜めに傾けて、ノズルは端寄りに突っ込む。

・ノズルを突っ込む深さはミルクの半分より高いところくらい。

・一気にスチームボタンを最大まで捻る。

・ノズルを浅くしていき、空気を入れる。n

・ノズルが液面にギリギリ入っている状態をキープすると、チリチリチリと高音がなり、きめ細かいフォームドミルクになっていく。

・ノズルと液面が離れてしまうと、ボコボコと泡立ってしまい、泡泡の荒いフォームドミルクになってしまう。

 

こうなるとフリーポアはできません..。

チリチリチリと鳴るように慎重にスチームをしていきましょう。

空気が増えることで液面が上がってくるので、ノズルも合わせて浅くしていきます。

ここで浅くしすぎるとボコボコボコ!と言ってしまいます..。

 

ここのタイミングはひたすら練習です。

空気を入れていると、蒸気の勢いでミルクがぐるぐると攪拌されます。

細かい泡と、下のミルクが馴染んでいくのがベストです。こうすることでシルキーなスチームミルクが出来ます。

 

ミルクピッチャーは熱伝導すると思うので、熱くて持てなくなりそうになったらやめて下さい。

やりすぎるとミルクの甘みがなくなるそうなので、それまでが勝負です!

 

⬇︎スチーム後です。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305135653j:image

 

ミルクの量が増えたのは空気が入ったためです。スチームミルクとフォームドミルクが合わさった状態ですね。

 

スチームが終わったあとは、先ほどの水抜き工程を行い、ノズルのミルクをタオルなどで拭きましょう。

 

衛星第一です..笑

 

④最終関門 ラテアート

これはごめんなさい...

いつか自分の動画を貼ります。

 

⬇︎が参考になりそうです。笑


【うちラテ】ラテアート リーフの作り方 Latte Art Leaf

 

自分のやり方として「リーフ」のポイントを文字に起こすのであれば

・カップは傾けて持っておく。

・高いところから、クレマの底にミルクを潜らせる感覚で回し入れる。

・液面がカップの4割くらいまできたら、ピッチャーの注ぎ口を限りなく液面のど真ん中に優しく近づける。

・ある程度注いでいると対流ができて、ミルクが液面に浮いてくる。

・ピッチャーを横に小刻みに振ることで葉っぱの模様が出来てくる

・同時にカップを傾けっぱなしだとドバドバ溢れるので徐々に戻していく。

・最後にミルクでど真ん中を切って完成。

 

意識しているのは以上でしょうか。

⬇︎そして今回ぶっつけで出来た作品をお見せします。

 

f:id:kazuki-iroiro:20190305171728j:image

 

・・・ ?

 

かぼちゃ・・・?  笑

 

「リーフ」にするつもりが謎のアートに。

 

ごめんなさい..笑

 

私もまだまだ修行の身です..。

 

始めてよかったと思うこと

 

ラテアートを始めてよかったことは結構たくさんあります。

 

・コーヒーの知識が増える。

・カフェでカフェラテを飲むのが楽しくなる。

・単純に自慢できる。

・自己紹介での話のネタが増える。

             ・・・etc

 

なんとなくですが人生が少し豊かになった気もします。笑

 

もちろん最初はうまくいかないことの方が多く、

 

「毎日毎日牛乳買って何やってんだろ・・・」と思うことも。笑

 

でも段々と上達していくとドンドンはまっていくと思います。

 

初心者の身で偉そうに・・・笑

 

という感じで今回はかなりの文字数になってしまいましたが、

 

 •ラテアートに挑戦したい!

・苦戦している・・・・。

 

こういった境遇の方々の1つのきっかけになれれば幸いです。

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

上達したらまた記事にしたいと思いまーす!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村