旨い飯には福きたる

管理人かずーきおすすめの居酒屋やレストランをご紹介するグルメブログです。

花婿ブログ【式場選び①】~早めの見学 メリット解説~


今回は式場選びについて、第一弾です!


「結婚式を挙げるカップルも減ってるし・・」


「式場なんてすぐ決まるでしょ!」


と思ってるそこのあなた!


この記事の結論は、

『式場選びはとにかく早く動きましょう!』

と、いうこと。

世の花婿よ・・・

急ぐのだ....!!



式場見学はいくつか回って相場感を養え!


早めに動くメリットの1つとして、


『式場見学に何件もいくことができる』


という点が挙げられます。


調べてみると式場見学数は1〜2件で50%弱を占めるらしいですが、4件はいきたいところです。

ただし、式場見学はとにかくタフな戦いになります。

1件いくだけでものすごい疲れます。笑
(特にこだわりがないそこの男子!)


まずは優先順位の低い式場に練習がてら、行ってみてはいかがでしょう。

1-2件練習しましょう。笑


ただし、


『本気で探しにきてる!』


『第一優先に近い!』


という雰囲気を出していきましょう。

式場の営業とやりとりすることで相場感や、セールストークの手口などが徐々に掴めます。

『価格交渉でこうすればよかった!』みたいなことは別記事で書きますが、

とにかく余裕を持って何件もいくことで相場感覚を得ることができ、

本命で価格交渉を仕掛けることができます。


ちなみに私たちは3件行きました!


ベストシーズンは意外と少ない!


タイトル通りですが、


結婚式のベストシーズンは意外と少ないです。


よーく考えてみてください・・


夏はとにかく暑くてタキシードなんて着てられないですよね。

温暖化で暑い期間が長くなってるので大変です。


冬は花嫁さん寒いですよね。

ドレスって基本薄着なので女性ゲストも寒いです。


梅雨って雨ばっかりですよね・・うんぬん



最近台風多いですよね・・うんぬんetc


・・・


なーんて考え出したら気候や天候のリスクが出てくる出てくる。

もちろん自然には逆らえません!


が少しでも快適に、そして天候リスクは減らした方がいいですよね?


となってくると・・


気温も落ち着き、気候の安定する9月下旬〜12月上旬あたりになってきます。

(もちろん人気シーズンもそこらへん)


続いて考えるのはお日柄です。


大学を出ておきながら教養のなさを痛感した管理人ですが、、お日柄というものは意外と大事。笑


まぁなんとなくわかると思いますが、


この日は縁起いいよ〜


この日は縁起悪いよ〜



お節介にも勝手に決められています。

一応書いておきますが、

「大安」「友引」「仏滅」「先勝」「先負」「赤口」

の6つです。


カレンダー、よく見たら書いてありますね。笑

『大安』が最も縁起が良いのでとっても人気です。

人気ということは価格も高いです。

まぁぶっちゃけお日柄なんて関係ないんですけど・・

(ルーズな花婿は特にそう感じるだろう)


気にし出すと気になっちゃいます。笑

(管理人は気になってしまった)

気にならなければむしろ縁起が悪いとされる日を選ぶことで費用を抑えることができちゃいます。

仏滅はおそらくかなり安い。

ただ、親族で気にされる方がいるかもしれないので、事前に話し合った方が良いですね。

私たちは『友引』の日にしました。

友に及ぶということで、お通夜やお葬式は避ける日で結婚式はOK。

大安の次に人気な日ですね。

(お日柄なんて概念、そもそもなければ良いのに!笑)


まとめ


ということで、

早く動くことによって得られるメリット

【メリット】
・式場見学に行ける回数が増える
→相場感が生まれ、交渉力が身に付く
・ベストなシーズン、お日柄を抑えることができる
→気候や天候のトラブル回避!

といった感じ。

逆にギリギリに動くほど、営業トークに惑わらせれて結果的に高くつくことがあります。

希望の会場がいくつかあればピンポイントでブライダルフェアにいく、

全くイメージできなければ『ハナユメ』や『マイナビウエディング』など大手相談所で話を聞くだけでもありです!

⇩500件以上!うまく使うとめちゃめちゃ割引される⇩


⇩特典充実!お得にオプションを付けるにはおすすめ⇩

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!