旨い飯には福きたる   ~旨福ブログ~

『 Google MAP 』を活用したマッパーがお届けする旨飯情報

【家計簿がつけれない方へ】エクセルを活用した自己資産管理

どうもです。管理人のかずーきです。
本記事ではお金管理の話をしたいと思います。

・自分は貯金がいくらあるのだろう?

・給与から天引きしている貯金はいくらになったっけ?

・積立の保険に入ってるけどどうなってるんだ?

・株を買ってみたけど今どうなってるんだろう?

・ネットバンクのパスワードって何だっけ?

こういうことってありませんか?

今回はそういったお金やパスワードの管理方法について、私なりの実践法をご紹介していきたいと思います。

はじめに



基本的に今回作成する管理表は家計簿とは異なるイメージです。

家計簿はお金の動き(収入・支出)があったときに、何が要因で動いたのか(買い物・旅行等)の明細を書き記すものです。メリットとしてはお金の支出項目が明確になるため、自分が何にお金を使いすぎているのかを分析できること、だと思います。

ただしかし・・

家計簿って面倒ですよね・・・

私も何度か挑戦して、何度も折れてます。
結局現金払いや飲み会の割り勘なとで収支が合わなくなり、、

家計簿は1回やめると命取りです・・・笑

家計簿に関しては『マネーフォワード』という銀行口座やクレジットカードを登録して、自動でグラフ化してくれるアプリもあります。個人的にはめちゃめちゃ使いたいと思っているのですが、個人情報流出のリスクがどうしても拭えないのです・・・。

仮想通貨流出や個人情報流出のニュースって耐えないですよね。
ネット化が急に進んでいく中、ハッキングに対してセキュリティが追いついていないという印象を受けます。

ただ、友人いわく『マネーフォワード』は非常に便利とのことでございます。
『マネーフォワード』の詳しい説明は下記リンクにて説明されております。ご興味ある方は試してみてくださいませ。

https://bank-academy.com/bank/moneyforward-matome#i-10

自分の資産を把握しましょう!


そんな私が実践しているのは、エクセルを活用した『自己資産管理表』の作成です。

企業会計の勉強をして学んだ薄い知識(笑)ですが、『資産』とは現金意外にも、未払金や買掛金(これから支払いが発生するお金)や株、不動産の時価、積立保険の払込金額なども入ります。
まずはこれを自分に当てはめてみます。

人によって異なってきますが【資産項目】として考えられるのは

①口座の残高(銀行別にする)
②持っている株、及び買付余力金の時価総額
③FX口座の残高
④仮想通貨の時価総額
⑤不動産の時価総額
⑥給与天引して貯金しているお金
⑦積立保険の払い込み金額
⑧個人年金の払い込み金額
⑨マイルやポイント
⑩持っている現金

等になってくるかと思います。

それに対して、これから支払いが確定している【未払項目】あると思います。

①クレジットカードの引き落とし
②借り入れの定期的な返済
③大体の金額が決まっている大きな支出(旅行等)

といったところでしょうか。

これをエクセルに落とし込みます。

↓作成例

f:id:kazuki-iroiro:20190315193033j:plain

上のエクセルはわっしょい君の総資産状況とします。

・わっしょい君は銀行口座を2つ持っています。
・わっしょい君は投資にも手を出しており、株式・FX・仮想通貨をそれぞれ保有しています。
・20日の給料日には毎月1万円が自動的に企業年金として天引貯金されるようにしています。
・また積立の個人年金を始めており、毎月最終金曜日に引き落とされています。

以上をまとめた上部分が【資産項目】になります。


・わっしょい君はクレジットカードを2種類持っています。
・引き落とし日はクレジットカードAが毎月25日、クレジットカードBが毎月10日です。引き落としが確定している部分、未確定の部分があります。
・さらにアメリカへの旅行が決まっており、概算で25万円掛かりそうだなと考えております。

以上をまとめた下部分が【未払い項目】になります。


最終的に【資産国目】- 【未払い項目】がわっしょい君の総資産(黄色網掛セル)になります。


わっしょい君の総資産は260万円ということになりますね。

これを毎月エクセルにつけていくことによって、自分の総資産がどのような動きをしているかが把握できます。仮に半年間付け忘れていても、半年前との資産状況の比較をすることができます。

一度作ってしまえば後は毎月コピー&ペーストをして、金額部分を打ち込んでいけばいいので楽ちんですよ。

あれ?意外と天引きしている貯金が貯まってる!
1年前と比べると全然資産増えていない・・・
投資でこんなに儲かってる!(損してる!)
節約を始めたことで総資産が増えている!

等、様々な発見があるはずです。



同時に各パスワードの管理もしましょう!



同じエクセルファイルでネットバンキングやクレジットカードの各ID、パスワードを管理するのがおススメです。

↓このような感じです。

f:id:kazuki-iroiro:20190315193906j:plain


ネットバンキングの推奨や、クレジットカード利用明細のネット化など、様々な管理がネットになってきており、今後さらに加速するのは目に見えています。

便利ですが正直パスワード管理が大変ですよね・・・。毎回パスワードを忘れて設定し直しているのであれば今すぐ管理体制を見直しましょう。いざという時に大変です。

1つのエクセルファイルで資産状況とパスワードを一括管理することでパスワード忘れを防ぐことができます。

注意点



唯一の注意点はエクセルファイル自体の管理です。パスワードがどっさり載ったエクセルファイルをうっかり誰かに送ってしまわないようにしなければなりません。

そうなった時や、仮にハッキングされた時のためにエクセルにパスワードをかけてロックしておきましょう。

【パスワードの設定方法】
①パスワードを設定するエクセルファイルを開き、リボンの左上から『ファイル』をクリック。
②『情報』をクリックし、『ブックの保護』をクリック。
③上から2番目「パスワードを使用して暗号化」をクリック。
④パスワードを設定します。

これは絶対に忘れないパスワードにしましょう。笑


いかがでしょうか。
細かなお金の支出を把握することも大切ですが、『自分の総資産はいくらなのか』これを把握しておくことで節約や貯金、投資などに一層身が入るはずです。

お読み頂きありがとうございました!!
本記事が参考になりましたら、スターやブックマークを頂けますとシッポをブンブン振り回して喜びます!笑
今後ともよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村