コーヒー・ラテアート

【デロンギECO310】クレマを出すために初心者がおこなったこと!

f:id:kazuki-iroiro:20200505115106j:plain


どうも!かずーきです!!(@kazuuuuuuuukin)

今回も『クレマ』に関して書きます。

この記事にたどり着いた方はエスプレッソマシンで『クレマ』が抽出できずお困りの方なのかなと思いますので、解決していければ幸いです!

それでは早速いきましょう!



過去記事のポイントまとめ

実は以前もクレマについての記事を書きました↓
www.kazuki-iroiro.com
こちらの記事にも結構詳しく書いてあるのでみて頂ければと思いますが、ポイントは以下の通りです。

ポイント・焙煎2週間以内の新鮮な豆を使う
・コーヒー豆は計量する
・コーヒー豆は直前に挽く
・タンパーは付属品ではなく別途購入する

デロンギECO310でのポイント

ポイントを捉えた上で、デロンギECO310に置き換えておさらいしていきます。

ちなみにデロンギECO310は2代目のエスプレッソマシンで、結構気に入っています。

ただ、始めは全然使いこなせず、慣れるまでにだいぶ苦労しました。

コーヒー豆は13グラムを使う

f:id:kazuki-iroiro:20200505104327j:plain
まずコーヒー豆ですが専門店で買いました。

エスプレッソなので焙煎は深煎りの豆から探しましょう。

今回は『コスタリカ ラ カンデリージャ』という種類です。

100グラム605円でした。およそ7~8杯分ですね。

1日1杯とすると1種間分です。

やはりコーヒー豆の鮮度が一番重要なので、100グラムごとに購入しています。

買いだめするとどんどん劣化してクレマが出なくなります。
f:id:kazuki-iroiro:20200505104939j:plain
もしわからなけれればお店の人に聞くのがオススメです。

エスプレッソ用で、クレマのでる新鮮な豆が欲しいという旨を正直に伝えましょう。笑
f:id:kazuki-iroiro:20200505105131j:plain
余談ですが、上記のパナマ『ゲイシャ』は100グラム6000円・・・。

どんな味がするのでしょう。笑
www.gnavi.co.jp
話が逸れましたが、豆を購入するときに、豆のままか、挽くか聞かれると思います。

次項に書いていますが、自分で直前に挽く方が鮮度をキープできますので、豆のままがオススメです。

挽いてしまうと空気に触れる面積が多くなり酸化が進んでしまうのです。

あとコーヒー豆の保存はジップロックで冷蔵庫が良いらしいです。

【料理にも重宝しているデジタルスケール】

抽出する直前にグラインドする

f:id:kazuki-iroiro:20200505105951j:plain
13グラム軽量したら、豆を挽きましょう。

電動の粉砕機はお値段が中々しますので、手動を使っています。

使っているのは『ポーレックス』のミルです。

こいつの便利なところは、洗えるのでメンテナンスが楽で、操作が超わかりやすいという点です。

つまみをカチカチ回して粒度を荒くしたり、細かくしたりするだけです。

私は最も細かい設定(もう回らない状態)からカチッ、カチッと2回まわしています。

フィルターはダブルを使用

f:id:kazuki-iroiro:20200505110806j:plain
フィルターはシングルとダブル、どっちを使えばいいの??と思いますよね。

私は1杯しか淹れなくてもダブルを使っています。

シングルだとクレマは中々出ませんでした。

タンピングも大事

f:id:kazuki-iroiro:20200505110720j:plain
フィルターに豆を詰めたらタンピングをします。

タンピングはフィルターの豆を固める作業です。

エスプレッソは9気圧の力でコーヒーを抽出するらしいのですが、約24kgの圧がかかります。

フィルターの中の豆が暴れないように15kg~20kgの力でタンピングして、固めるということですね。

使用マシンがデロンギ社のものなので、純正タンパーを購入してみました。

問題なくタンピングできますが、フィルターに対して少しタンパーが小さい気がします・・笑

↓右側に隙間があるのわかりますか?

f:id:kazuki-iroiro:20200505111715j:plain

直径が50.05mmですが、もう少し大きい方がジャストフィットしますね・・。

52mmくらいのタンパーがベストなのかもしれません。

また気が向いたら買ってみてレビューしますね。笑


デロンギECO310抽出時の注意点

f:id:kazuki-iroiro:20200505112109j:plain
さて、やっとエスプレッソの抽出です。

ラテアートに挑戦するのであれば尚更なのですが、基本的にミルクのスチームを先に行います。

スチームの記事は以下を参照ください。
www.kazuki-iroiro.com
ミルクのスチームはまじで難関です・・。
今回はスチーム工程を割愛しますね。

スチーム後に蒸気を抜く

スチームした後は、マシンのボイラーに蒸気が残っています。

スチームボタンをオフにした後、そのままエスプレッソ抽出に入らないようにしましょう。

一度フィルターをセットしていない状態で、抽出ボタンを押します。

(受けるコップなどを忘れずに)

そうすると、ブシュッと蒸気が出てきます。

緑のランプが消えるまでカラ抽出

f:id:kazuki-iroiro:20200505113023j:plain
Twitterで本当に親切な方にもらったアドバイスなのですが、豆が深入りの場合は抽出温度を少し下げたほうがいいらしいです。

そんなこと説明書には一言も書いてないので、生の情報ってめっちゃ大事ですね・・。

準備OKサインの真ん中の緑ランプが点灯している時は90度以上です。

この場合、深入り豆に対して温度が高すぎるので、ランプが消えるまでカラ抽出します。
f:id:kazuki-iroiro:20200505113431j:plain

以上をまとめますと

ミルクスチーム後は蒸気を抜いて、緑のランプが消えるまでカラの抽出をおこなうことがポイントです。

綺麗なクレマが出ました!

分厚いクレマが出るとエスプレッソ抽出成功の証。

ラテアートもかなりやりやすくなりますよ。
f:id:kazuki-iroiro:20200505113657j:plain
f:id:kazuki-iroiro:20200505113719j:plain

終わりに

デロンギECO310におけるエスプレッソ抽出のポイントでした。

説明書には書いていないことばかりで、エスプレッソやラテアートって本当に初心者殺しだと思います。笑

1人でも多くの方の改善につながれば幸いです。

クレマはある程度でるようになりましたが、ミルクのスチームが難しく私も奮闘中です!

【動画もアップしてみました。笑】


【デロンギECO310】スティックコーヒーでラテアート♪

一緒に頑張りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

f:id:kazuki-iroiro:20200505114328j:plain