グルメ

SNSでバズりまくっている渋谷ランチ『挽肉と米』土日の待ち時間や整理券について!


今回はインスタを中心としたSNSでバズりまくっている『挽肉と米』渋谷店について解説しますー!
とうとう念願叶い、実際に行ってきました!

『米と挽肉』とは


『挽きたて、焼きたて、炊きたて』がコンセプトで牛肉100%の炭火焼ハンバーグと炊き立てのご飯を楽しむお店です。

吉祥寺に開店した『挽肉と米』が2店舗目として渋谷にオープン。

メニューはシンプルで基本的には米と挽肉セット(¥1500)のみ!

アクセス


渋谷店は道玄坂を上がってロイヤルホストやサンマルクが入って建物を曲がった路地にあります。

周辺にはラブホテルや風俗店があるエリアの入り口的な場所にあるので、

GoogleMapを見ながら「え?ここ?」
と驚きました。笑

土日の待ち時間や整理券について


結論からいくと現状の人気具合の場合、
朝の整理券が必須です。

ちなみにツイッターでこまめに整理券の配布状況を発信してくれているので、まずはチェックすることをおすすめします。


わたしは日曜日の朝7時15分にお店へ!

オール明けの若者がたむろする渋谷をびくびくしながら進みました。笑

早過ぎたかと思いましたが、既に5人待っていたので私も並ぶ・・・そうすると7時半には既に20人超えの列が・・・!

並んでおいてよかったー!

本来は9時から整理券配布ですが、待ち人数が多い時は前倒しされます。
今回は8時10分くらいから始まりました。

名前、人数、希望時間を伝え、希望時間に空いていたらセーフ。
なければ他の時間を案内されます。

やはり比較的昼の時間がすぐ埋まってしまうようです。
ちなみにこの日は9時に昼の部が満員。
そして13時過ぎには夜の時間も埋まってしまったとのことでした。恐ろしや。

昼を狙うなら8時前には並びたいところですね・・・。

希望通り12時で抑えることができ、整理券を持って店の前を後にすると60人超えの列が・・・!
角を曲がってさらに並んでいたようです。

実際に食べてみた!


ということで予約の10分前にお店の前で待機。
名前を呼ばれるので整理券を渡して入店。
入り口の食券機でチケットを購入します。
基本的に『挽肉と米』セット(¥1500)です。

チケットを渡し席へ。
超オープンなキッチンで、それを囲うように席があります。全ての席からハンバーグを焼く姿を拝むことができます。

メニューが絞られているので常にハンバーグが焼かれており、食欲をそそる・・!
これは考えましたね。バズるわけです。

内容は90gのハンバーグが3個、白飯おかわり自由、味噌汁、卵1つ、薬味のセットになります。

ハンバーグは一気に提供されるのではなく、食べ終われば焼きたてを目の前においてくれるスタイルになります。これは嬉しい。

ちなみにお米もかなりこだわっており、今回は宮城県さんのお米とのこと。
(ブランド名忘れてしまい申し訳ない・・・)

とうとうハンバーグが眼前に。
炭火で跡が綺麗についており、わがままボディなハンバーグが。

まず一つ目は何もつけずにお米とハンバーグで頂きます。肉汁があふれるハンバーグにかぶりつくと、驚くほどに柔らかい!

レア!?ではなくしっかり火が入っているのにユッケのような柔らかさです。

そしてお肉の自然な旨味と甘味が口いっぱいに溢れ出す・・。
そしてお米が甘ーい!!!口の中の理解が追いつかないほどの革命が起きています。

2つ目はご飯とお肉のオトモ、数々の薬味をいくつかつけてみました。

ジャンマーという聞いたこともないタレや、ニンニクふりかけなど、青唐塩レモンなど尖った薬味がたくさんあってたのしい!

シンプルな肉の旨みを引き立てる最高のオトモです。

最後のハンバーグは黄卵を乗せて、大根おろしと生醤油で頂きます!
黄卵をそっと乗せてぱしゃり。
これは映えますな〜。

こんな贅沢な卵かけご飯は他にないでしょう。

正直なめていましたが、これは朝から100人近く並ぶ意味がわかりました。
本当においしかったです。

限定6席の予約席も!

朝が無理な方はテーブルチェックで限定6席のネット予約があります。1000円かかりますが、安いっちゃ安いと思います。笑

こちらもすぐに埋まってしまいますが・・・。

https://www.tablecheck.com/ja/shops/hikinikutocome/reserve